ためになる介護施設の知識

ためになる介護施設の知識

介護施設の種類

 介護保険法という法律に基づき、入浴や排せつ、食事などの日常生活の介護、また健康管理や療養する上での世話、機能訓練を行う施設を介護施設と言います。

 この介護施設には、さらに様々な種類の施設があり、おおまかに分けると介護保険が使える施設と使えない施設に分類されます。

 介護保険が使える施設には、在宅介護型施設と入所介護型施設があります。在宅介護型施設には、デイサービスセンターやデイケアセンター、訪問介護ステーション、短期入所療養介護、ショートステイなどがあります。入所介護施設には、グループホーム、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設があります。

 介護保険が使えない施設としては、軽費老人ホームA,B,C型、有料老人ホーム、養護老人ホームなどがあります。

 これら介護施設には様々な職員が働いています。施設長を始め、看護職員、介護職員、理学療法士もしくは作業療法士、言語聴覚士、介護支援専門員、支援相談員、薬剤師、管理栄養士、栄養士、調理員など事務員が施設にはおり、多くの面から入居者や家族をサポートしてくれます。

 介護施設に入居したり、利用する際には条件があり、それに掛かる費用もシステムなどによってそれぞれ異なります。介護施設には、一生涯入居するわけではなく、在宅復帰するまでのサポートを行なっている場合もあります。そのため、ケアマネージャーや管理栄養士、相談員が身体状況や環境などを整え、リハビリを行ない、自宅に戻ったあとの生活に支障が無いようにケアしてくれます。在宅サービスも行っているので、服薬などの医療情報や食事、リハビリの概要なども説明してくれます。ショートステイなどの場合は、一週間などの期間だけ預かってくれる施設もあります。毎日の介護に疲れてしまいちょっと休みたい、何らかの理由で世話が出来ない、といった場合に利用することが可能です。

 施設によって異なる介護サービスの情報を知るためには、ホームページなどを閲覧することも大事ですが、都道府県毎に指定情報公表センターというものがあります。ここでも情報を得ることが出来るので、活用してみましょう。